2018年にYが使って良かったサプリBest10

【レビュー】DNS WHEY100プロテインは国内はもとより海外勢を合わせても最高品質!!

今回はDNSのプロテイン「WHEY100」についての記事を書きたいと思います。

私の個人的な総合評価は10点満点中9点です。

あと一歩は間違いなく値段でしょう。
それ以外は非の打ち所がないほどにいいです。

 

DNSのプロテインは味やランクが色々とありますが、全体のラインナップに向けて言える特徴は「なんたって味が素晴らしい!!」というところです。

ほとんどハズレらしいハズレがないんですよ。

多少「んー、これはハズレかなぁ」というフレーバーがあったとしても、客観的な視点で見てみると、ハズレといえども他のメーカーでの中の上だったりしますからね笑

もちろん他の要素、例えば溶けやすさ、泡立ち、タンパク質の質、含有率などで見ても高い品質を誇ります。

私は【味も筋肥大と関連している】と考えておりますので、いろんな意味で質の高いプロテインだと思っています。

トレーナーY

国産プロテインでしたら、個人的にはDNSかエクスプロージョンですね。

DNSプロテインWHEY100の特徴

DNSの品質へのこだわりはすごいと思います。

なぜか??

まずDNSのHPに載っているWHEY100の説明を見てみましょう。

飲みやすくなるように、溶けをよくして粉っぽさを抑え、泡立ちも無くした。

毎日摂取しやすいように、水と混ぜるだけで美味しく飲めるように味も追求。

分子量が小さく、消化・吸収の早いホエイたんぱく質を使用。最後までストレスなく飲み干せる。

いろんなメーカーが上と同じようなことを謳っているのですが、どこも実現できていないんです。

あぁ、この程度ね。。
言うほどじゃないなぁ

こんな感想が多いのですが、 DNSは違います。

本当に実現させているところがスゴイです。

なんて徹底しているんだDNS。ここまでの品質にするのは並みの努力じゃなかろうに。

と思わず感じずにはいられないです。

本当に溶けやすく、ダマにならず、泡立たず、おいしいですよ!

パグ太

世界基準で見てもかなり上位ランクのプロテインだよ!!

DNSプロテインWHEY100の成分

では熱く語ったところで、成分について見ていき頭を冷やしましょう。

カロリー130kcal
たんぱく質24.4g
炭水化物4.6g
脂質1.6g
食塩相当量0.1g

たんぱく質含有量は1スクープ33g中に24.4gですので74%になりますね。

入っているたんぱく質の種類はWPC(ホエイプロテインコンセントレート)です。

あとはインフォームドチョイスマークが付いています。
ということは、ドーピングに引っかかるような成分は入っていないことが証明されています。

 

ただ、甘味料にアスパルテームが入っていますね。
これは人工甘味料の一種で、非常に強い甘さがあるのですが、人体では吸収されない性質があるので実質0カロリーということになります。

ダイエットペプシなんかでよく見かける成分ですね。

このアスパルテームが完全に安全性は証明された成分ではないです。

研究報告では、in vivo(つまりネズミなど生き物を対象とした)試験において、精子数の減少や形状の変形が認められています。

それも1日摂取安全量の1000分の1の量での結果でした。

一応、欧州食品安全機関や厚生労働省は30年間で200件を超える研究から安全が確認されているとは言っていますが、大手飲料メーカーとの大人の事情があったりするのかも・・・と頭をよぎります。

しかしダイエットペプシが発売されてから早50年経っていますが、未だに人工甘味料による健康被害が発表されたことはありませんので、健康的に大丈夫だろうと信じてはいます。

DNSプロテインWHEY100の摂取タイミング

前述したようにたんぱく質の種類がWPCですので、他のWPI、WPHに比べると消化吸収速度がゆっくりになってきます。

なのでオススメのタイミングとしてはコチラ。

・食間

・筋トレ開始の1時間前

・筋トレ終了の20分後

・寝る前

DNSプロテインWHEY100のフレーバー

お次はフレーバー(味)を見ていきましょう。

・チョコレート

・バニラ

・カフェオレ

・抹茶

・ストロベリー

・マンゴー

・レモン

・ラムネ

・ゆずジンジャー

トレーナーY

自慢じゃないですけど全部飲んだことあります笑!

期間限定を入れて9種類もあるんですね。

本当はここに「ホワイトチョコレート味」もあったらしいので、それを入れたら10種類にのぼります。

国内メーカーでこれほどのバリエーションを備えているのはDNSくらいですね!

各フレーバーの感想&レビュー

もうほとんどのプロテインを飲んできたのですが、ここには実際の商品画像をがあるものだけを記載していきたいと思います。

カフェオレ味

はい、文句無しで満点です。

味が秀逸、、、

よくあるチョコ味のように甘ったるくなく、クセもなく、ずっと飲み続けられる安定感抜群の味です。

甘さ控えめの落ち着いた味で、飲みやすいものや長く愛用(3〜5kgの大容量を買うなど)できるものを考えている方には自信を持ってオススメします!!

抹茶味

この抹茶味も殿堂入りしてもおかしくないくらいにオイシイです!!

適度な抹茶の風味と甘さ、それにプロテイン本来の少しどろっとした感じが抹茶とすごくいい相性です!

約10年前の出てきた当初は期間限定としてでしたが、いつの間にか常連化していますね。

初めて飲んだ時のあの感動は凄まじかったです!!!

私がプロテインを飲んだ時に感じた驚きとしては、過去一でした!!!

本当に傑作だと思います。

ベスト・オブ・DNSプロテイン

10種類ある中で果たしてどれが一番美味しいのか?

これは皆さん誰しもが気になるところですよね?

まぁ人によってそれぞれ好みがあるとは思いますが、私個人的には1位確定のフレーバーがあります!

 

それは、、、抹茶味です!!!

 

初めて飲んだ時の衝撃は今でも忘れられません。

「え??これがプロテインなのか???」

と耳ではなく、舌を疑いました。

 

めちゃめちゃウマいです。

 

プロテイン特有の少しどろっとした感じが、抹茶感とうまくマッチしていますし、抹茶が持つほろ苦い後味の再現も美味いですね!

私の想像ですが、今世間に出ている抹茶味系のプロテインは全部、

DNSの抹茶を飲んで「なんじゃこりゃああ!!こんなにウマいのは初めてだ!!すぐにうちでも作らなければ!!!」となって生み出されたものじゃないか?と思っています。

いろんなメーカーが抹茶味や抹茶風味のプロテインを出していますが、DNSにかなう抹茶味は現れていない印象です。

まとめ

値段さえ気にしないのであれば、正直言ってDNSは海外プロテインを合わせて比較しても、オプチマムに次ぐ第2位に入ると思います。

それくらいいいプロテインです。

ネックになるのが1つだけ。
それは【値段】ですねー汗

DNSは高いです。
たまに特別割引とか、年2回東京と大阪で行われるシークレットセールとかで30%OFFとかになったりしますが、基本的にはお店でもネットでも定価で売られています。

・350g(約11杯分):¥1,400

・1kg(約33杯分):¥3,400

・3kg(約100杯分):¥9,500

という感じになっており、iHerbで売っているような海外プロテインの1.5倍〜2倍くらいの値段で売られています。

そこをどう天秤に取るかですよね。

それでも私が言えるのは、「高いけど買って損はしない」ということです。

特に抹茶味は!!

最終更新:2019/04/18

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です